ドックフードの粒の大きさ

tubusaizu

与える量

犬種・年齢・季節・温度・犬の運動量により異なります。最適体重を維持する量を与えて下さい。常に新鮮な水を御用意下さい。

k_ad

  • ドライフードは、そのまま与えるのが望ましいですが、大食いや早食い気味のわんちゃんには水または、ぬるま湯等でふやかしてからあげるようにしてください。
  • 食事の際には常に新鮮な水を用意し、わんちゃんがいつでも飲めるようにしてください。
  • 缶詰など他の食品と混ぜて与える場合には、フード以外のものは栄養バランスを崩さないために総量の15%程度にとどめてください。
  • 初めて与える場合には、これまでのフードに少し混ぜて与えて下さい。その後徐々にAZの量を増やし、10日程度かけて切り替えるのが愛犬にとっては無理のない方法です。
  • 1日の給与量は5分間程度で食べつくす量が理想です。

ky_p

  • 哺乳中の犬は3~4週齢頃から離乳食に移るとよいでしょう。
  • 離乳食にはAZパピーをお湯で充分にやわらかくして与えて下さい。幼犬には5分間くらいで食べられる量を与えて下さい。
  • 4ヶ月くらいまでにドライのままで食べられるよう水分量を調節してください。
  • ドライで食べる場合には、常に新鮮な水を用意して飲めるようにして下さい。
  • AZパピーは幼犬が12ヶ月以上くらいに成長するまで、また妊娠および授乳期の母犬の栄養食として優れています。

  • ドライフードは、そのまま与えるのが望ましいですが、大食いや早食い気味のわんちゃんには水または、ぬるま湯等でふやかしてからあげるようにしてください。
  • 食事の際には常に新鮮な水を用意し、わんちゃんがいつでも飲めるようにしてください。
  • 缶詰など他の食品と混ぜて与える場合には、フード以外のものは栄養バランスを崩さないために総量の15%程度にとどめてください。
  • 初めて与える場合には、これまでのフードに少し混ぜて与えて下さい。その後徐々にAZの量を増やし、10日程度かけて切り替えるのが愛犬にとっては無理のない方法です。
  • 1日の給与量は5分間程度で食べつくす量が理想です。

  • ドライフードは、そのまま与えるのが望ましいですが、大食いや早食い気味のわんちゃんには水または、ぬるま湯等でふやかしてからあげるようにしてください。
  • 食事の際には常に新鮮な水を用意し、わんちゃんがいつでも飲めるようにしてください。
  • 缶詰など他の食品と混ぜて与える場合には、フード以外のものは栄養バランスを崩さないために総量の15%程度にとどめてください。
  • 初めて与える場合には、これまでのフードに少し混ぜて与えて下さい。その後徐々にAZの量を増やし、10日程度かけて切り替えるのが愛犬にとっては無理のない方法です。
  • 1日の給与量は5分間程度で食べつくす量が理想です。

    • 一日あたり食事量の目安ですが、個体差、年齢、季節、その日の猫の健康状態、運動量等により異なります。あくまでも参考ね、適正体重を維持する量を与えて下さい。
    • 子猫の場合は、一日に4~5回程度与えて下さい。
    • 妊娠・授乳期の場合は、愛猫が欲しがるだけ与えて下さい
    • 初めて与える時は、飼い主の手から直接あげてください。新しい食事になじみにくい場合は、今お与えになっているものに本品を少し混ぜて10日ぐらいかけてゆっくり割合を増やし、切りかえてください。
    • 本品をそのまま与えるか、ぬるま湯、または温かい牛乳・煮汁・ネコ用缶詰を加えて与えてください。
      1日に1~2回の給餌で様子を見て、空になっていれば適量を補給してください。
    • 新鮮な水をいつでも飲めるようにしてください。

※上記の表は1日あたりの食事量の目安ですが、個体差・年齢・季節・その日の猫の健康状態などにより異なります。

guide_um_r1_c1
guide_um_r1_c5
guide_um_r1_c7
guide_um_r1_c9

guide_ft2_r1_c1

guide_ft2_r1_c11